GLP-1ダイエット

GLP-1肥満治療薬 リベルサス 担当医から聞いた飲みかた(3mgからスタート)

こんにちわ。子供を産む前は40キロ代でほっそりしていたのに、産後子どもの残り物を食べまくった結果、60キロまで増えてしまった残念な主婦、だいふくです。

ダイエット、色々試しているものの若い頃のように体重が落ちなくなってしまって八方塞がり…最後の手段、遺伝子検査ダイエットにチャレンジ中です。

遺伝子検査ダイエットで自分の傾向がわかってきたところで、結果を生かしてさまざまなダイエットを試みています。

先日記事にも書いたGLP-1の飲み薬(リベルサス)が届いたので飲み方をまとめています。

GLP-1肥満治療薬 リベルサスってどんな薬?

GLP-1肥満治療薬にリベルサスってどんなお薬か処方してもらったCLINIC FORからいただいた資料を参考に説明します。

GLP-1肥満治療薬 リベルサスってどんな薬?

リベルサスは2021年1月に国内発売された、GLP-1初めての内服薬です。
これまでは注射製剤しかなかったものですが、経口内服できるため、より使いやすくなりました。

GLP-1は元々体内に存在するホルモンですが、胃腸の働きを緩やかにすることで満腹感を自足させ、また脳内に作用して食欲を抑制することで、少しの食事でも満足するようになる次世代の減量薬です。

自然に食欲が抑えられるため実質的に食事制限を行うことがで、体重を減少させます。(CLINIC FOR RYBRLSUS説明資料より

リベルサスには3mg・7mg・14mgがありますが、最初は3mgからスタートする決まりだとのことで3mgから開始しました。

GLP-1肥満治療薬 リベルサスは飲み方が重要

処方していただいた時の担当医から、飲み方をきちっとしないと効果が出ないのでそこだけは気をつけてくださいと言われました。

リベルサスの飲み方はいつ、どんなタイミングで飲めば良いのでしょう?

GLP-1肥満治療薬 リベルサスは飲み方が重要

朝イチの空腹時に内服さらに…

1日のうち最初の食事または飲水の前に、空腹の容態で内服。

コップ半分の水(120ml以下)と共に1錠を内服し、内服後少なくとも30分は飲食及び他の薬剤の経口摂取を避ける。

CLINIC FOR RYBRLSUS説明資料より

処方してくれた医師からも同じ説明を受けましたが、お薬と一緒に送られてきた飲み方ガイドでも詳細な説明が書かれていました。

内服する時の水の量も120ml以下という決まりもあるのですね。
副作用として、冷や汗や気持ち悪くなる、手足のふるえ、ふらつくなどがあるようです。

以前わたしは自己注射のGLP-1を3ヶ月ほど使っていたことがあるのですが、その時にはあまり副作用がなかったのでおそらく今回もないと思いますよ、と先生には言われています。

GLP-1肥満治療薬 どれくらいで効果が出るの?

GLP-1肥満治療薬 どれくらいで効果が出るの?

なんだか効果がありそうなGLP-1ですが、一体どれくらい服用すれば効果が出てくるのかも気になります。

これも同封していただいた資料に書かれていましたのでまとめてみます。

リベルサスの服用はどれくらいで効果が出る?

1ヶ月目
3mgを服用
副作用が起きるかもしれませんが、体をお薬にならしていきましょう。
2ヶ月目
7mgに切り替え
ここから、本格的にリベルサスのダイエット効果が発揮されます!
3ヶ月目
早い方は効果を感じ始めます
食料の減量が期待できます。
7mgで効果を感じない方、さらに効果を加速させたい方は、14mgに増量しましょう。 ※ 要再診療
6ヶ月目
継続して服用
しっかりとお薬を継続していると、持続した体重減少が期待できます。
服用を急に中止すると、また食用が戻ってしまいリバウンドの可能性があります。
目標の体重になっても服用を持続して体重を維持しましょう。
12ヶ月目
継続して服用
服用と並行して、運動や生活週間にも良い変化があれば、減量効果は12ヶ月程度持続します!GLP-1ダイエットでは、1年間にわたって12kg程減量できた報告もあります。

効果がで始めるのは3ヶ月目くらいからで、1年くらい持続すると効果が出やすそう。
頑張って1年続けたい、そして10kg減したい!と意気込んでいます。

にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ